プレスリリース

プレスリリース詳細

エアアジアX、A330neoを50機発注へ

2014年 07月 15日 Press Release

エアバスは長距離路線を展開するアジア大手LCCのエアアジアXがA330-900neoを50機発注する覚書(MoU)を締結したことを発表した。これにより、同社はA330neoのローンチカスタマーの一社となる。エアアジアXへの引き渡しは2018年から開始される予定。

エアアジアXの発注により、世界最大のエアバス機運航会社の一社としてのエアアジア・グループの地位がさらに強固なものとなる。今回の覚書分は除くエアアジア・グループのエアバス機発注数は合計で536機。

A330-800neoとA330-900neoはエアバスのワイドボディ機ファミリーの新型派生機。2014年7月にローンチされた。初号機の引き渡しは2017年第4四半期(10月-12月)の予定。ロールス・ロイス社製新型エンジンのトレント7000エンジンを装備する。また、空力性能を強化し、客室装備も改良する。A330neoは、A330ファミリーの比類ない経済性と柔軟性、高い信頼性を受け継ぎ、座席あたりの燃費を14%削減し、中距離用ワイドボディ機市場において最もコスト効率の優れた航空機となる。大幅な燃費削減のほか、最大400海里(740.8キロ)航続距離が延長され、他のエアバス機ファミリーとの運航共通性を保持する。