プレスリリース

プレスリリース詳細

P&Wエンジン搭載のA321neo、欧州航空安全庁と米連邦航空局より型式証明取得

初号機引き渡しに向け順調に進捗

2016年 12月 15日 Press Release

エアバスは、プラット&ホイットニー社製PurePower PW1100G-JMエンジン搭載のA321neoが欧州航空安全庁(EASA)と米連邦航空局(FAA)より型式証明を同時取得したことを発表しました。

型式証明はそれぞれEASAのトレバー・ウッズ型式ディレクターと、FAAのジェフリー・デュベン機体証明輸送機部門ディレクターにより調印され、エアバスのディディエ・エブラード航空機プログラム担当上席副社長とクラウス・ロエヴェA320ファミリープログラム担当上級副社長に手渡されました。

エアバスのファブリス・ブレジエ社長兼最高経営責任者は、「A321neoは航空会社が保有する機材の大型化を可能にし、比類ない経済性と快適性を提供します。A321neoはエアバス単通路型の引き渡し機数の約40%を占めており、さらにその数は増加しています」と述べました。また、「このたびの型式証明取得は、当プログラムに携わり、この重要なマイルストーンを実現させたチーム全員の努力の賜物です」と付け加えました。

A320neoファミリーの最大機種であるA321neoは飛行回数130回以上、350時間以上飛行テストを実施し型式証明取得に至りました。機体およびシステムにおいて設計限界を超えた性能が認証され、必要なすべての耐空要件を満たしました。また、テストプログラムでは燃費および航続距離能力の点で目標を達成したことが確認されました。騒音影響範囲を削減するなど環境面でも大きな利点を提供し、優れた低速度性能も実証しました。

A321neoのなかで、最初に型式証明を取得したのはプラット&ホイットニー社製エンジン装備の機体です。今後数ヶ月のうちにCFMインターナショナル社製LEAP-1Aエンジンを搭載したA321neoが型式証明を取得する予定です。

日本ではANAホールディングス株式会社がA321neoを26機発注しています。

A320neoファミリーはこれまでに89社から4,800機以上の受注を獲得しているベストセラー単通路型機で、市場でのマーケットシェアは60%を超えています。幅広い客室を備え、すべてのクラスで比類ない快適性とエコノミー・クラスで標準18インチの快適な座席を提供します。