プレスリリース

プレスリリース詳細

Peach、航続距離延長型A321LRのアジアで最初の運航会社に

日本とアジアを結ぶ中距離路線に投入

2018年 07月 17日 Press Release

エアバスはPeach Aviation株式会社が発注済みのA320neoを2機、航続距離延長型A321LRに切り替えたことを発表しました。これにより同社はアジアで初めてA321LRを運航する航空会社になります。引き渡しは2020年度の予定です。A321LRは世界で最長の航続距離を持つ単通路型機で、最大9時間飛行し、日本発の新路線を開拓することが可能です。

記念式典がファーンボロ航空ショーで開催され、Peachの井上慎一代表取締役CEOとエアバスのエリック・シュルツ最高営業責任者(CC0)らが出席しました。

Peachの井上慎一代表取締役CEOは次のように述べました。「Peachは日本初のLCCとして、日本における短距離LCC事業を成立させることにチャレンジし、5期連続で増収・黒字を達成するなど、日本の短距離LCCの歴史を築いてまいりました。Peachは自ら変化を起こし、進化を続けます。Peachの次なるチャレンジは中距離LCC事業への進出で、2020年度よりPeachが日本と北東アジアの中距離LCCの歴史を築いてまいります。2020年度のA321LR導入は、その歴史を築くための第一歩です。A321LRの導入と中距離LCC事業への参入を弾みに、アジアのリーディングLCCへの歩みをより一層加速してまいります」。また、「Peachは今後バニラエアを統合し、2020年度以降にA321LRを含む保有機数を50機以上、就航路線数を50路線以上へと事業規模を拡大してまいります。Peachによるバニラエアの統合は、Peachが本格的に世界で羽ばたくための準備が整うことを意味します」と付け加えました。

エアバスのエリック・シュルツCCOは次のように語りました。「日本で最初のLCCであるPeach が、A321LRをアジアで初めて導入することを大変嬉しく思います。世界中で人気の高いA320neoファミリーの最新派生型であるA321LRは、新たにアジアの中距離市場に参入する上で重要な役割を果たすでしょう。アジア市場におけるPeachの成長に寄与できることを確信しています」

航続距離延長型のA321LR(Long Range)は世界中で人気の高いA321neoをベースにしています。航続距離が最大4,000海里(7,400キロ)まで延長され、競合機と比較して運航コストを30%削減しています。

A321LRはドアの新たな配置によって最大240席を装備することができます。また、A320ファミリーに装備可能なエアバスの革新的客室ブランド「Airspace by Airbus」により、乗客に比類ない空の旅を提供します。

A321neoは最新エンジンと高い空力性能、革新的客室を導入し、2020年までには20%の大幅な燃費削減を実現します。これまでに50社以上から1,900機以上の受注を獲得し、80%の市場シェアでワイドボディ機と小型機の間の市場において支持を得ています。