プレスリリース

プレスリリース詳細

LAN航空、エアバスA320向け客室オプションの「Space-Flex」を導入へ

2012年 09月 27日 Press Release

エアバスはLAN航空が同社のA320新造機に、革新的な客室レイアウトの「Space-Flex PRM」を導入することを発表した。A320ファミリーの顧客向けにオプションとして提供される「Space-Flex PRM」は、化粧室の配置を画期的に変え、乗客により快適な居住空間を提供する。すでにブラジルのTAM航空がこのオプションを選択している。これにより、「Space-Flex」が導入されるA320ファミリーは101機になった。

LAN航空とTAM航空は合併し、LATAM航空グループとして南半球におけるエアバス最大顧客の一社となった。合計でおよそ400機を発注しており、現在200機以上が運航され、さらに今後180機以上が引き渡される予定。

「Space-Flex PRM」は、客室後部のスペースをより効率的に使用することによって、2つの化粧室とギャレーを効率的に収容し、TAM航空に様々な利点を提供する。

追加のスペースが生まれて乗客の快適性が高まり、利益を生む客室スペースが最大化。

従来のA320と同等サイズの化粧室(競合機の化粧室よりも広い)を二つ設置。

単通路型機で初めて体の不自由な乗客向けの化粧室を設置。2つの化粧室から体の不自由な乗客向けの化粧室への変更は容易で、エアバス広胴型機に装備されているものと同類の身障者向け化粧室に変わる。

A318、A319、A320、A321で構成されるA320ファミリーは、単通路型機のベストセラー機。合計受注数は約8,600機。現在、370社以上に5,200機以上を引き渡している。運航信頼性が高く運航寿命も拡大し、その他の単通路型機と比べて最も低い運航コストを実現している。