プレスリリース

プレスリリース詳細

JALのA350 XWB初号機、初飛行を実施

2019年 05月 17日 Press Release

エアバスは、日本航空(JAL)のA350 XWB初号機が仏トゥールーズで初飛行を実施したことを発表しました。JAL向けに製造される初のエアバス機であるA350-900初号機には、レッドのA350ロゴが描かれた特別塗装が施されています。

JALのA350-900初号機は生産工程の最終段階に入り、さらなる地上および飛行テストを実施した後、今年半ばにJALへ引き渡される予定です。

JALはA350 XWBを合計で31機(A350-900が18機、A350-1000が13機)発注しています。A350-900はまず9月から羽田-福岡線に就航し、さらに国内のその他主要路線に導入されます。客室は3クラスの構成で合計369席を装備します。

A350 XWBは空の旅の未来を形作る最新鋭機で、300席から400席市場における世界最新のワイドボディ機ファミリーとして長距離型市場を代表する航空機です。最先端技術を採用し、燃費と排出量を25%削減しています。またA350 XWBはエアバスの革新的客室「Airspace by Airbus」による快適な居住空間を提供します。

2019年4月末時点でA350 XWBは世界中の51社から893機の受注を獲得しています。

 

受注・引き渡し

Airbus July 2018
総受注数 18455
総納入数 11304
運航機数 10288