プレスリリース

プレスリリース詳細

JALのA350 XWB初号機、最終組立開始

2019年 02月 15日 Press Release

エアバスは、JALのA350-900初号機の最終組立を仏トゥールーズの最終組立工場で開始したことを発表しました。現在、主翼と胴体の結合と、尾翼の取り付けを完了しています。

今後は翼端のウイングレット取り付けなど構造部の組み立てを終了した後、機械や電気、アビオニクスシステムに関する地上テストを実施します。

JALは2013年にA350 XWBを31機(A350-900が18機、A350-1000が13機)発注しました。JALがエアバス機を発注したのはこの時が初めてです。

JALのA350-900初号機は今年半ばに引き渡されます。A350 XWBはJALが現在運航するワイドボディ機の後継機としてまず9月から羽田-福岡線に就航します。さらに国内のその他主要路線に導入され、その後国際路線で運航される予定です。

A350 XWBは空の旅の未来を形作る中型ワイドボディ最新鋭機です。300席から400席市場における世界最新のワイドボディファミリーとして長距離飛行に最適な航空機です。A350-900、A350-1000、派生型で構成され、最大9,700海里を飛行する世界最長の航続距離を持ちます。最新の空力設計で炭素繊維複合材製の胴体と主翼を備え、燃費効率の高いロールス・ロイス社製新型エンジンを搭載します。これらの最先端技術を導入することで比類ない運航効率性を実現し、燃費と排気を25%削減しました。

A350 XWBはエアバスの革新的客室ブランド「Airspace by Airbus」によって2通路型機で最も静かな客室を備え、乗客と乗務員に最新機内設備による快適な居住空間を提供します。

2018年12月末時点でA350 XWBは世界中の48社から894機の受注を獲得しています。

 

 

 

受注・引き渡し

Airbus July 2018
総受注数 18455
総納入数 11304
運航機数 10288