プレスリリース

プレスリリース詳細

JALと部品サポートサービス契約を締結

2019年 02月 18日 Press Release

エアバスは日本航空株式会社と、部品サポートサービス、「フライト・アワー・サービス(FHS)」契約を締結したことを発表しました。

JALが締結した契約はFHSコンポーネント・サービスで、同社が導入するA350-900とA350-1000が対象です。

JALはA350の運航会社として日本で初めてFHSを利用し、運航信頼性の向上による恩恵を受けることとなります。同社はA350-900初号機を9月から羽田-福岡線に導入する予定です。FHSによって、日本で最も輸送量の多い路線の一つに導入されるA350に対し、よりスムーズな商業運航開始を実現します。

エアバスのFHSは完全に統合された部品サポートサービスで、共同在庫の利用、主要拠点での在庫補充、部品修理を提供します。

FHSにより、エアバスは統合されたメンテナンスサービスに関する幅広い、確かな専門知識とOEMに関する深い知見、そして、全機材および関連する部品の運用サポートを管理する一つの統合インターフェースを航空会社に提供します。

 

受注・引き渡し

Airbus July 2018
総受注数 18455
総納入数 11304
運航機数 10288