プレスリリース

プレスリリース詳細

iPadの「エレクトロニック・フライト・バッグ」を提供

2012年 07月 10日 Press Release

エアバスはiPadによる「エレクトロニック・フライト・バッグ(EFB)」を提供することを発表した。EFBはパイロット用に電子化された各種性能計算、フライトマニュアルなどが表示されるもの。エアバス機を運航する航空会社は、エアバスのEFB、「FlySmart with Airbus」の最初のアプリケーションを、App Storeよりダウンロードできるようになる。

革新技術の開発を進めるエアバスは、PCによるエレクトロニック・フライト・バッグ(EFB)の代替としてiPadによるEFBを航空会社に提供するため、開発に取り組んできた。また、エアバスのEFBソフトウェアをiOSに組み込ませるため、エアバスはコンセプトおよび開発段階から航空、技術に関する専門家と緊密に協力しながら開発を進めた。iPadの「FlySmart with Airbus」アプリケーションを利用することによって、パイロットは軽量で手に収まるほど小型の機器から様々な性能計算ができるようになり、エアバスの「フライト・オペレーション・マニュアル」の閲覧も可能になる。

エアバスの新しいiPadによるEFBは、エアバスのEFB規格に確実に準拠させるため、エアバスのパイロットがテストを行った。また、エアバスはすでに飛行テストおよび訓練部門がiPadで「FlySmart with Airbus」アプリケーションを実践使用するため、iPadの発注を行っている。このEFBアプリケーションの使用は、エアバス機の顧客のみ利用が可能である。

エアバスは単通路型A320ファミリーから総2階建て大型機A380まで最新航空機ファミリーを幅広く取り揃えている。フランス、ドイツ、英国、スペインに設計、製造施設があり、日本、米国、中国、中東に子会社を置いている。本社は仏トゥールーズ。EADSが100%出資する。