プレスリリース

プレスリリース詳細

エアバス、「Fly Your Ideas」コンテスト開始

2012年 05月 30日 Press Release

エアバスは世界中の大学生を対象に未来の航空輸送を描く斬新なアイディアを募集するコンテスト、「Fly Your Ideas」を開始する。アイディア・コンテストの目的は、将来を担う若者たちに対して航空業界への興味を促進し、未来のエンジニアの育成を支援すること。UNESCO(国際連合教育科学文化機関)がこのエアバスの取り組みをサポートしている。UNESCOのレポートでは、産業界の成長を脅かす将来的なエンジニアリング能力の不足が報告されている。航空業界においてもこの問題は例外ではなく、現在も需要に見合う航空エンジニアが不足し、エンジニアとしての資格を持った人々のおよそ半分が他の職業へ転向しているという。

エアバスは「Fly Your Ideas(FYI)」コンテストを開催することによって、学生に航空業界をより良く知ってもらい、この業界への興味を高めることを目的としている。このFYIコンテストは2年ごとに開催され、今回で3回目。世界中の大学生を対象とし、持続可能な航空産業を実現させるための画期的なアイディアを募集する。コンテストは3次審査まであり、エアバス従業員および業界の専門家らが審査を行う。最終審査は来年開催されるパリ航空ショーで実施される。最優秀賞チームには賞金3万ユーロが贈呈される。

「Fly Your Ideas 2013」コンテストの開催を発表したエアバスのシャルル・シャンピオン技術担当上席副社長は、「エンジニアは世界を変えることができる。このコンテストによって我々は若者たちに航空業界へより興味を持ってもらい、その大きな可能性に目を向けてもらいたいと考えている」と述べた。さらに、「科学技術は常に変化しており、最高の技術だけで必ずしも革新性が生み出されるわけではない。アイディアを発展させ、多様な文化の人々を導いていくためには人間関係の構築能力も必要であり大切な要素である。FYIコンテストは様々な分野を学ぶ若者達に、革新的アイディアに触れる機会を提供する。そしてまた、我々エアバスが企業として実践しているように、国際的で多様なチームの一員として共に課題に取り組む良いきっかけとなることを期待している」と付け加えた。

UNESCOの科学政策および能力開発部門のディレクターであるリディア・ブリト博士は、「エアバスは学生達に実践的な環境で学ぶことのできる貴重な機会を提供している。そしてこれはまた、航空業界の専門家らと交流する機会ともなる。エアバスのFly Your Ideasコンテストは、産業界と学術会が協力して課題に取り組んでいく青写真といえるだろう。このコンテストに参加することで学生たちは持続可能な我々の未来を実現するためのエンジニアの主要な役割を学び、その大きな可能性を探求することのできるすばらしいチャンスを得られることだろう」と語った。

FYIコンテストは、2050年の持続可能な未来の航空に向けたエアバスのビジョン、「the Future by Airbus」の取り組みの一つである。コンテストの参加は世界中の大学生が対象で、専攻学科もエンジニアリングからマーケティング、ビジネス、科学、哲学、設計と分野を問わない。募集するアイディアは航空業界が直面する主要な課題、「エネルギー」、「効率性」、「実現可能な成長」、「乗客の快適性」、「コミュニティーへの配慮」に関係する提案を受け付ける。

※「Fly Your Ideas」の概要

登録期間:2012年6月19日から2012年11月30日まで(www.airbus-fyi.comから申し込み)。

参加資格:世界中の大学生。3人から5人でチームを組む。

賞金:最優秀賞チームに賞金3万ユーロ、第2位のチームに1万5,000万ユーロを贈呈。

選考の流れ:3次審査まであり、最終審査は2013年のパリ航空ショーの場で行われる。審査はエアバスの専門委員会と業界の専門家(審査員は後日発表する予定です)が行う。

第2回FYIコンテストの結果:

世界75ヶ国、大学287校から2,600人以上の大学生が参加した。最優秀賞チームは、中国の南京航空航天大学の「Wings of Phoenix」チーム。チームは離着陸時に生じる航空機の伴流を利用した地上での風力発電システムのアイディアを提案した。

なお、詳細はFly Your Ideasのウェブサイトwww.airbus-fyi.com(英文のみ)をご覧ください。