プレスリリース

プレスリリース詳細

CITグループ、A350 XWBを10機追加発注

2013年 01月 07日 Press Release

エアバスは国際的な金融サービス会社であるCITグループが、A350-900を10機発注したことを発表した。今回の発注はCITグループにとってA350 XWBに対する2度目の発注となる。これにより同社のA350 XWBの合計発注数は15機に増加した。

今回の発注を含めると、CITグループは合計で253機のエアバス機を発注している。その内訳は、A320ファミリーが187機、A330ファミリーが51機、A350 XWBファミリーが15機。

A350 XWBはエアバスの最新鋭中型ワイドボディ機。3機種で構成され、標準で3クラス制の270席から350席を装備する。空力性能、設計、テクノロジーにおいて最先端技術を採用し、同じサイズの競合機と比べて最大25%大幅に燃費を削減し、運航コストを削減している。機体の70%以上に炭素繊維複合材(53%)、チタン、最新アルミニウム合金といった最新材料を使用。胴体は炭素繊維強化プラスチック(CFRP)製で燃料消費を削減し、整備もより簡便化される。就航は2014年の予定。これまでに34社から572機の受注を獲得している。