プレスリリース

プレスリリース詳細

CFMエンジン搭載のA321neo、欧州航空安全庁と米連邦航空局より型式証明取得

2種類のエンジンが選択可能に

2017年 03月 01日 Press Release

エアバスはCFMインターナショナル社製LEAP-1Aエンジン搭載のA321neoが欧州航空安全庁(EASA)と米連邦航空局(FAA)より型式証明を同時取得したことを発表しました。

エアバスのファブリス・ブレジエ民間航空機部門社長は、「A321neoは優れた燃費効率と快適性、環境性能を提供し、200座席超の市場をリードする航空機になるでしょう」と述べました。また、「このたびの型式証明取得は、当プログラムに携わり、この重要なマイルストーンを実現させたチーム全員の努力の賜物です」と付け加えました。

A321neoは飛行回数160回以上、400時間以上の飛行テストを実施し型式証明取得に至りました。機体およびシステムにおいて設計限界を超えた性能が認証され、必要なすべての耐空要件を満たしました。CFMエンジン搭載のA321neoは、A320neoファミリーの中で4番目に型式証明を取得しました。これにより、A321neoはプラット&ホイットニー社製Pure Power PW1100G-JMとCFMインターナショナル社製LEAP-1Aエンジンの2種類から選択が可能です。

A320neoファミリーはこれまでに92社から5,000機以上の受注を獲得しているベストセラー単通路型機で、市場でのマーケットシェアはローンチ以来60%を保持しています。幅広い客室を備え、すべてのクラスで比類ない快適性とエコノミー・クラスで標準18インチの快適な座席を提供します。