プレスリリース

プレスリリース詳細

CFMエンジン装備のA320neo初号機、ペガサス・エアラインズに引き渡し

2016年 07月 21日 Press Release

エアバスは、CFMインターナショナル社製LEAP-1Aエンジンを装備するA320neoの初号機を、トルコの低コスト航空会社(LCC)であるペガサス・エアラインズに引き渡しました。ペガサス・エアラインズは、2012年にトルコの航空会社の中で最大数の発注となる最大100機のA320neoファミリーを発注しました。独ハンブルクのエアバス施設で引き渡し記念式典が開かれ、ペガサス・エアラインズとエアバス、CFMインターナショナルの幹部および従業員らが参加しました。

A320neoファミリーは比類ない燃費効率を提供するベストセラー単通路型機です。CFMインターナショナル社製LEAP-1Aエンジンを搭載するA320neoは、燃費とCO2の排出において2桁の削減を実現します。現時点で15%以上の燃費削減を提供するばかりか、2020年までには20%の燃費削減を可能にします。

A320neoファミリーは新世代エンジンやシャークレットといった翼端デバイスなどの最先端技術を採用しています。2010年に開発着手されてからこれまでに83社から4,500機以上の受注を獲得し、市場でのマーケットシェアは60%を超えています。また、胴体幅が広く、すべてのクラスで標準18インチ幅の座席を備え、快適な乗り心地を提供します。