プレスリリース

プレスリリース詳細

CFMエンジン搭載のA319neo、欧州航空安全庁と米連邦航空局より型式証明取得

2018年 12月 21日 Press Release

エアバスは、CFMインターナショナル社製LEAP-1Aエンジン搭載のA319neoが欧州航空安全庁(EASA)と米連邦航空局(FAA)より型式証明を取得したことを発表しました。これにより、A319neo、A320neo、A321neoの全3機種共に CFM LEAP-1Aエンジンを搭載して運航することが国際航空当局より承認されたことになります。

A319neoは昨年3月の初飛行から500時間以上の飛行テストを実施し型式証明取得に至りました。CFMエンジン搭載のA319neoは、NEOファミリーの中で5 番目に型式証明を取得しました。また、今回の型式証明取得により、エアバス・コーポレート・ジェットのACJ319neoが予定する2019年上半期の就航に向けた道筋がより明確になりました。

A319neoはエアバスのゲームチェンジャーであるA320neoの胴体を短縮したバージョンです。同機は2クラス制の140席を装備、または高密度の160席を装備し、最大3,750海里を飛行します。優れた離陸性能によって制約の多い、不便な場所の空港でも運用可能です。ACJ319neoは8名を乗せて6,750海里飛行、もしくは15時間飛行する能力を備え、世界の多くの場所にノンストップで飛行することができます。

A320neoファミリーは2種類の新世代エンジンを選択することができます(プラット・アンド・ホイットニーのPW1100GかCFMのLEAP-1A)。燃費を削減する大型のウイングチップ「シャークレット」を備えています。ローンチからこれまでに100社以上から6,200機以上の受注を獲得しているベストセラー単通路型機で、市場でのマーケットシェアは約60%を保持しています。幅広い客室を備え、すべてのクラスで比類ない快適性とエコノミー・クラスで標準18インチの快適な座席を提供します。

LEAP-1A搭載A319neoより前に型式証明を取得したタイプ

• A320neo/P&W – 2015年11月24日

• A320neo/CFM – 2016年5月31日

• A321neo/P&W – 2016年12月15日

• A321neo/CFM – 2017年3月1日