プレスリリース

プレスリリース詳細

中国のCAS、エアバス機60機発注へ

2013年 04月 25日 Press Release

エアバスは中国航空器材集团公司(CAS)がエアバス機を60機発注する合意書を締結したことを発表した。その内訳はA320ファミリーが42機、A330が18機。

この合意書は北京の人民大会堂でCASの社長兼最高経営責任者(CEO)とエアバスのファブリス・ブレジエ社長兼CEOによって締結された。フランスのフランソワ・オランド大統領と中国の習近平国家主席が出席した。

2013年3月末時点で約750機のA320ファミリーが中国の航空会社14社によって運航されている。また、110機以上のA330が6社によって運航されている。

同クラスで最も低い運航コストを提供するA320ファミリーは単通路型機のベストセラー機。合計受注数は9,400機を超え、現在、385社以上に5,500機以上を引き渡している。99.7%の高い運航信頼度を保持し、運航寿命も延長したA320ファミリーは単通路型機の中で最も低い運航コストを実現している。また、コンテナ式貨物システムを持ち、標準の広胴型機の貨物システムと互換性を持っている。

双発のA330ファミリーは250席から300席を装備する世界中で高い支持を得ているワイドボディ機。これまでに1,200機以上の受注を獲得。世界中のおよそ90社によって約900機が運航されている。様々な改良を重ね、同クラスの中で最もコスト効率に優れ、出発信頼度は平均99%を超えている。派生機に貨物専用機、VIP用、軍用輸送機/タンカーがある。