プレスリリース

プレスリリース詳細

ダブリンのリース会社AWAS、A320ファミリーを15機発注

2016年 06月 23日 Press Release

エアバスは、ダブリンを拠点とする航空機リース会社、AWASがA320ファミリーを15機発注したことを発表しました。その内訳はA320ceoが12機、A321ceoが3機です。

AWASのデイブ・シーゲル最高経営責任者(CEO)は次のように述べています。「このたび、A321、A320を含むA320ceoファミリーを15機発注する契約に至り、今後もエアバスとの長いパートナーシップが継続されることをうれしく思います。エアバス単通路型機への継続する世界的な高い需要からも明らかなように、A320ceoとA321ceoは航空会社にとって依然として価値ある製品であり、私たちも強い信頼を持っています。A320を提供することによって私たちのお客様の機材計画をサポートできることを光栄に思います」

エアバスのジョン・リーヒー顧客担当最高業務責任者(COO)は、「世界を代表するリース会社であるAWASから、ベストセラー機のA320への追加発注を受けたことを喜ばしく思います。これは、最新で燃費効率の高いA320ファミリーに対する継続的な強い需要の裏づけと言えます。A320ファミリーは日々、運航会社に利益をもたらし、乗客に快適な空の旅を提供しています」と述べました。

今回の発注を合わせたAWASのA320ファミリーに対するこれまでの合計受注数は合計で95機にのぼります。その内訳は89機がA320、6機がA321です。

A320ファミリーはこれまでに12,500機以上の受注を獲得し、約400社の顧客に7,000機以上を引き渡しているベストセラー単通路型機です。幅広い客室を備え、エコノミー・クラスで標準18インチの快適な座席を装備します。100席から240席を装備する、サイズの異なる4機種(A318、A319、A320、A321)で構成され、高密度の国内路線から長距離路線まで、一つの機種で需要に合わせたサイズの機材を投入することができます。