プレスリリース

プレスリリース詳細

ANAグループがA380を導入

3機導入へ、日本で初めての運航会社に

2016年 01月 29日 Press Release

エアバスは、ANAホールディングス株式会社が、超大型機A380を3機確定発注したことを発表しました。これにより、ANAグループは日本で初めてエアバスの超大型機を運航する航空会社になります。

初号機の引き渡しは2019年。エンジンはロールス・ロイス社製トレント900エンジンを搭載します。

エアバスのファブリス・ブレジエ社長兼CEOは、「ANAグループをA380の新たなカスタマーとしてお迎えできることを大きな誇りに思います。すでに実証済みのA380の運航経済性と比類ない機内の快適性は、世界でも名声あるANAグループに多くの利点を提供するでしょう」と語っています。「我々はA380がANAグループの新経営戦略において重要な役割を担うことを確信しています。A380は混雑する首都圏空港の発着枠を気にすることなく、より多くの乗客をより効率的に、より快適に、そして従来よりも低コストで運ぶことができます」

ANAホールディングスは、2014年と2015年にも合計37機の単通路型A320ファミリーを発注しました。

21世紀の航空産業の課題に対応するよう設計されたA380の機体サイズは、客室を最適化することで航空会社の収益を最大化し、収益への貢献度を競合機と比べ1飛行当たり最大65%高めることができます。比類ない客室の快適性によってロード・ファクターが向上し、より高い利益性をもたらしています。総2階建てのA380は標準で4クラス制の544座席を装備し、8,200海里/15,200キロを飛行します。東京から米国や欧州のどの都市にもノンストップ飛行が可能です。

ANAホールディングスの発注によりA380の総受注数は世界の19社の航空会社やリース会社から合計319機となりました。このうち179機が13社の航空会社に引き渡されています。現在、100路線以上50都市でA380が運航中です。