プレスリリース

プレスリリース詳細

ANAのA380初号機を引き渡し

2019年 03月 20日 Press Release

エアバスはANAに同社のA380初号機を引き渡したことを発表しました。ANAは15社目のA380運航会社となります。引き渡しセレモニーが仏トゥールーズで開催され、ANAホールディングスの片野坂真哉代表取締役社長、エアバスのトム・エンダース最高経営責任者(CEO)らが出席しました。

ANAはA380を合計で3機発注しており、5月24日から成田とホノルルを結ぶ路線で運航を開始します。ANAのA380にはハワイ語でHONU(ホヌ)と呼ばれるウミガメを描いた特別塗装が施され、初号機はブルー、2号機はエメラルドグリーン、3号機はサンセットオレンジの色で彩られています。

ANAのA380は520席を装備します。2階席はファーストクラス8席、フルフラットシートのビジネスクラス56席、プレミアムエコノミー73席を備え、1階席にエコノミークラス383席を備えます。エコノミークラスの60席はカウチシートが導入されています。また、ANAの最新機内エンターテインメントシステムを完備し、全席にインターネット接続サービスを提供します。

 ANAホールディングスの片野坂真哉代表取締役社長は次のように述べました。「私達は3機すべてのA380を成田とホノルルを結ぶ路線に投入し、日本の旅行者に最も人気の高いこのリゾート路線でお客様に高品質で特別なサービスを提供していくことをお約束します」 

また、「A380はANAにとってゲームチェンジャーとなる航空機です。2020年までにホノルルと東京を結ぶ路線で2倍の座席数を提供することによって私達の市場シェアを高めることができると信じています。FLYING HONUは比類ない快適性と利便性、多くの可能性をお客様に提供することができます。これは、ANAとエアバス、ロールス・ロイスそれぞれの専門チームが密接に協力し、力を結集したことによって成し得た成果です」と語りました。

エアバスのトム・エンダースCEOは次のように述べています。「本日、ANAにこのすばらしいA380を引き渡すことができたことを誇りに思います。優れた快適性を提供するA380は、人気の高いハワイ路線で最大限の効率性を発揮し、ANAの輸送能力向上に貢献するでしょう。ANAのA380が高い成功を収めることを私達は確信しています。エアバスは今後もANAに最大限のサポートを提供していきます」

A380は世界有数の混雑路線において、高い需要に最も効率的に対応することのできる航空機です。すべてのクラスでより広いパーソナルスペースを備え、非常に静かな客室で快適な乗り心地を提供するA380は世界中の乗客から高い人気を誇ります。これまでに約2億5,000万人がA380による空の旅を経験しています。

現在232機が14社によって世界中の120の路線で運航されています。A380による特別な空の旅はエアバスの専用アプリiflyA380からフライトの検索や予約が可能です。

 

受注・引き渡し

Airbus July 2018
総受注数 18455
総納入数 11304
運航機数 10288