プレスリリース

プレスリリース詳細

ANAのA380初号機、特別塗装でロールアウト

2018年 12月 13日 Press Release

エアバスは、ANAのA380初号機が、独ハンブルクにあるエアバスの塗装工場からウミガメが描かれた特別塗装を施されてロールアウトしたことを発表しました。

ANAはA380を3機導入します。日本における同機の初めての運航会社です。2019年春にこの初号機を受領し、成田とホノルルを結ぶ路線で運航します。

ANAの3機のA380には、ハワイで幸福や繁栄の象徴とされているウミガメの親子が描かれています。初号機の機体カラーはブルーで、2号機がグリーン、3号機がオレンジです。ANAのA380はエアバスが手がけた機体塗装の中でも極めて緻密で、16種の色彩を使用し、3,600平方メートルの機体表面の塗装に21日間を要しました。

A380はハンブルクで客室装備が完了した後、地上および飛行試験の最終段階に入ります。そこで客室内空気の循環や空調、照明、ギャレー、化粧室、座席、機内エンターテインメントシステムなどすべての客室システムを徹底的にテストします。また、機体性能テストも行い、その後、仏トゥールーズへ飛行してANAへの引き渡し準備に入ります。

A380は実証済みの優れた運航経済性や比類ない快適性を備え、世界有数の航空会社であるANAに利点をもたらします。世界で最もゆとりのパーソナルスペースを提供し、混雑の激しい路線における成長に対応し、コストと排気を抑え、少ない便数でより多くの人々を運ぶことのできる最も効率的なソリューションです。

11月末時点で合計232機のA380が引き渡され、世界中の14社によって運航されています。

 

受注・引き渡し

Airbus July 2018
総受注数 18455
総納入数 11304
運航機数 10288