プレスリリース

プレスリリース詳細

ANAのA380、最終組立工場からロールアウト

2018年 08月 30日 Press Release

エアバスはANAのA380初号機が、仏トゥールーズの最終組立工場からロールアウトしたことを発表しました。A380は屋外の作業場に移動し、数週間内に予定されている初飛行に向けて様々な地上試験を実施します。その後、客室装備や機体の塗装作業を行うため、独ハンブルクのエアバス工場に飛行します。

ANAホールディングスは2016年にA380を3機発注しました。ANAは日本で初めてA380を運航する航空会社となります。初号機の引き渡しは2019年春の予定で、東京とホノルルを結ぶ路線で運航が開始される予定です。

A380は最も広い客室を備え、乗客にゆとりのスペースを提供します。より運航コストを削減し、燃費を抑えたA380は少ない便数でより多くの乗客を運ぶことができ、世界で最も混雑の激しい路線の成長に対応する最も効率的なソリューションです。

現在229機のA380が世界中の14社によって運航されています。