プレスリリース

プレスリリース詳細

ANAのA380、最終組立工場からロールアウト

主要部位の組立完了 エンジン取り付け作業へ

2018年 05月 25日 Press Release

エアバスはANAのA380初号機の主要部位の組立が完了し、工場からロールアウトしたことを発表しました。尾翼にANAのロゴの入ったA380は別の作業場に移動して構造部の装備を完成させ、エンジンの取り付け、コックピット装備を行います。また、電力システムや油圧、空調システムなどのテストも実施します。

ANAのA380の客室はファーストクラス8席、ビジネスクラス56席、プレミアムエコノミー73席、エコノミークラス383席を装備します。また、エコノミークラスの60席にカウチシートが導入されます。

ANAホールディングスは2016年にA380を3機発注しており、ANAは日本で初めてA380を運航する航空会社となります。初号機の引き渡しは2019年春の予定で、東京とホノルルを結ぶ路線で運航が開始される予定です。ANAのA380には、ハワイで幸福や繁栄の象徴とされているウミガメの親子を描いた特別塗装が施され、愛称を「空飛ぶウミガメ」という意味を持つ「FLYING HONU」とつけて運航されます。

世界最大の旅客機であるA380型機は最も広い客室を備え、乗客に静かでスムーズな最高の乗り心地を提供します。総2階建てのワイドボディ機の客室には幅の広い座席と通路、広々とした床スペースを備えます。A380型機は利益を生み、交通を促進し、乗客から高い人気を誇る航空機です。これまでに世界中の13社によって60都市へ226機が運航されています。世界中の240カ所の空港で運航が可能です。

 

受注・引き渡し

Airbus July 2018
総受注数 18455
総納入数 11304
運航機数 10288