プレスリリース

プレスリリース詳細

ANAのA380、特別塗装が発表

2017年 03月 06日

ANAグループが同社のA380の特別塗装を発表しました。特別塗装機のデザインは世界中から応募のあった2,000点を超える作品の中から選ばれました。ANAはA380にこの特別塗装を施し、2019年春より東京とホノルルを結ぶ路線に導入する予定です。

ANAグループのA380特別塗装機のデザイン募集で大賞に輝いたのは、ハワイで幸福や繁栄の象徴とされているウミガメの親子を描いた作品です。

ウミガメはハワイ語で「ホヌ」(HONU)の愛称で親しまれており、ANAグループは同社のA380特別塗装機の愛称を「空飛ぶウミガメ」という意味を持つ「FLYING HONU」に決定しました。

日本とハワイを結ぶ路線は競争の激しい市場の一つで、年間約150万人の日本人旅行者がおり、運航する航空会社は継続的に高いロードファクターを維持しています。ANAグループは世界的に評価の高いA380を導入することによって収益性の高い市場における大幅なシェア拡大を目指します。

ANAの親会社であるANAホールディンクスは2016年1月に3機のA380を発注しました。A380は運航コストを抑えながら、優れた燃費効率と快適な空の旅を提供し、より多くの乗客を運ぶことができます。

ANAグループは今後、絶滅危機にある世界の野生動物としてIUCN(国際自然保護連合)のリストに掲載されているウミガメのハワイにおける保全活動などにも協力していく予定です。

A380は比類ない快適性を提供しながら収益性を最適化し、21世紀の航空業界の課題に対応する航空機です。

ビデオ (英文)

An A380 livery symbolising good luck and prosperity in Hawaii
Produced on | Duration: 01:20