プレスリリース

プレスリリース詳細

ANAホールディングス、A321を7機追加発注

A320ファミリーの機体数が日本でさらに拡大

2015年 01月 30日 Press Release

エアバスは、ANAホールディングス株式会社が、A3217機(シャークレット付きのA321従来型が4機と、新型エンジンを搭載したA321neo3機)追加発注することを発表した。同社は20147月にも30機(A320neo7機、A321neo23機)を確定発注している。

今回ANAホールディングスが7機を追加発注したことにより、同社がすでに発注済みの30機と合わせ、合計37機が現在全日空で運航中の機材と入れ替えられる。シャークレット付きのA321を運航するのも、A321neoを運航するのも、日本では全日空が初めて。

エアバスのジョン・リーヒー顧客担当最高業務責任者(COO)は、「ANAホールディングスのような優れたエアラインが改めてA320ファミリーを選択されたことを非常に嬉しく思います。単通路型機のなかで最も快適な客室空間と優れた運航性能を提供するA321は、全日空のオペレーションに最適な機材となるでしょう」と語った。

最先端の客室設計を取り入れたA321は座席幅が広く乗客一人ひとりの快適性が高い。またA320ファミリーの4機種は操縦方式が共通化されているため、運航上における柔軟性も高い。単通型機として人気の高いA320ファミリーは、これまでに11,500機以上の受注を獲得し、400社以上の顧客に約6,400機が引き渡された。このクラスで最も広い胴体幅を持つA320ファミリーの1座席の幅は、エコノミークラスでも標準で18インチと広い。

全日空が始めてエアバス機を発注したのは1987年。このときA32010機発注している。1995年にはA3217機発注した。

A320neo20149月に初飛行に成功。現在は約3,000時間におよぶ飛行テストを行っている。初号機の引き渡しは2015年第4四半期を予定。