プレスリリース

プレスリリース詳細

ANAホールディングス、A320neoファミリーを正式発注

日本の航空会社で初のA320neo運航会社に

2014年 07月 31日 Press Release

エアバスはANAホールディングス株式会社が、A320neoファミリーを30機(A320neoを7機、A321neoを23機)正式に発注したことを発表した。導入決定についての発表は今年3月に行われた。この新規導入は機材刷新計画の一環で、既存の単通路型機材であるB737-500とA320を今後数年間で入れ替える予定。引き渡しは2016年から開始される。

ANAホールディングスの伊東信一郎代表取締役社長は、「今回の航空機の機種選定により、ANAが保有する航空機をさらに新しく拡充することが可能となります。新機材の導入により、我々の事業計画の柔軟性が増すとともに燃費効率の改善が実現できます。これらの機材を活用し、国際線と国内線の需給適合を推進するとともに、ネットワークを拡大し、世界を代表するエアライングループとなることをANAは目指していきます」と語った。

エアバスのファブリス・ブレジエ社長兼最高経営責任者(CEO)は、「ANAがA320neoファミリーの日本で最初の運航会社となり、これまで築いてきたANAとのパートナーシップをさらに発展させていけることを非常にうれしく思います。A320neoファミリーは効率的な運航性能と高い信頼性を約束します。また、この受注によって我々が主要な目標の一つとして掲げる日本でのビジネス拡大を促進することができるでしょう」と語った。

ANAが選定したA320neoファミリーは快適な乗り心地と効率的な運航性能を約束し、プラット・アンド・ホイットニー社のPW1100G-JMエンジンを装備する。PW1100G-JMの開発には,一般財団法人日本航空機エンジン協会(JAEC)を通じてIHI、川崎重工業、三菱重工業の3社が参画している。3社はファン、低圧圧縮機、燃焼器、低圧シャフト等を担当、JAEC参画シェアは23%で、IHI(65%)、川崎重工業(25%)、三菱重工業(10%)で構成される。JAECは民間航空機エンジン国際共同事業で30年以上の歴史を持っている。

A320neo初号機の組み立てはすでに完了し、PW1100G-JMエンジンの取り付け、塗装も終えている。今後初飛行に向けて地上でのテストを実施する。A320neo初号機の飛行テストは2014年第3四半期に開始。初号機の引き渡しは2015年第4四半期を予定している。

A320neoファミリーは、新型エンジンと大型のウイングチップであるシャークレットを取り付け、燃費を最大15%、CO2排出量を年間1機当たり3,600トン削減することができる。2010年にローンチしてからこれまでに50社以上から3,000機を超える受注を獲得。約60%の市場シェアを持つ。