プレスリリース

プレスリリース詳細

ACJ350 XWBがローンチ

2016年 05月 23日 Press Release

エアバスは、エアバス・コーポレート・ジェットのACJ350 XWBをローンチしたことを発表しました。ACJ350 XWBは客室装備を容易にする「Easyfit」(イージーフィット)を導入します。エアバス・コーポレート・ジェット機にACJ350 XWBが加わることにより、より大きな輸送能力と高い航続距離、快適な乗り心地を持つ製品を提供します。

ACJ350 XWBは-900バージョンで270平方メートルの客室スペースを持ちます。25人を乗せて最大20,000キロ/10,800海里、もしくは22時間飛行することが可能で、最も新しく高い性能を備えたコーポレート・ジェットになります。

旅客型と同様に幅広い胴体を持つACJ350は、比類ない快適性と効率性を備え、革新技術が用いられ、客室装備がより容易になるなどの利点を提供します。

ACJ350のようなワイドボディ機は広々とした機内スペースがあり、客室装備において、特に炭素繊維複合材のような新材料で製造された胴体に内装品を取り付ける場合、認可に必要な規定を満たすことが課題になる場合があります。

ACJ350は炭素繊維複合材製胴体にあらかじめ何百もの結合部を取り付けることで客室装備作業が大幅に容易になります。また、複数の機内装備品会社と幅広く作業を行い、顧客へのスムーズな納入を確実なものにします。

エアバスは2014年12月から旅客型A350-900の引き渡しを開始しました。より大型のA350-1000は現在開発中で2017年に商業運航が開始される予定です。これまでに40社を超える顧客より合計で約800機の受注を獲得しています。

その他のエアバス機と同様に、ACJ350にはフライ・バイ・ワイヤやコスト削減につながる整備の集中化、軽量化と整備を簡易にする新材料を幅広く使用するなどの特徴があります。

また、ACJ350 XWBは標準で、車のGPSのような機能の空港ナビゲーションシステム(OANS)や、滑走路オーバーラン防止システム(ROPS)を装備します。

現在180機以上のエアバス・コーポレート・ジェットが、南極大陸を含む世界中で運航されています。