プレスリリース

プレスリリース詳細

エミレーツ航空、A380を最大36機追加発注へ

2018年 01月 18日 Press Release

エアバスは、エミレーツ航空がA380を最大36機追加発注する覚書(MoU)を締結したことを発表しました。A380を20機とオプション16機の発注で、金額にするとリスト価格で160億米ドルとなります。引き渡しは2020年に開始される予定です。覚書はエミレーツ航空が拠点とするドバイで、エミレーツ・グループのシェイク・アハメッド・ビン・サイード・アル・マクトゥーム会長兼最高責任者とエアバスのジョン・リーヒー民間航空機部門顧客担当最高執行責任者の間で交わされました。

2008年7月にA380初号機を受領したエミレーツ航空は、2017年11月3日には独ハンブルクで同社の100機目となるA380を受領しました。

A380は持続可能な成長へのソリューションを提供することのできる航空機で、少ない便数でより多くの乗客を輸送することによって輸送量の多い空港の交通混雑を緩和します。A380は15年ごとに倍増する世界の航空輸送の成長に対応する最適な機材です。15,200キロをノンストップで飛行し、4クラス制の客室で575席を装備することができます。

A380は広々としたゆとりのある静かな客室で心地の良い快適な乗り心地を提供します。乗客から高い人気を誇り、運航される路線においてより高いロードファクターを確保しています。世界最大の総2階建て旅客機として幅広い座席、広い通路、ゆとりの床スペースを備えます。A380は利益を生み出し、航空交通を促進し、乗客から高い支持を得ることのできる能力を備えています。現在特別なウェブサイトのiflyA380.comにて、フライトを予約する際にA380を選択することも可能となっています。

これまで2億人以上の乗客がA380での空の旅を経験しています。A380は2分ごとに世界の240の空港のどこかで離着陸を行っています。これまでに222機のA380が13社に引き渡されています。