プレスリリース

プレスリリース詳細

カタール航空のA380第1号機を引き渡し

2014年 09月 17日 Press Release

エアバスはカタール航空に同社のA380第1号機を引き渡したことを発表した。引き渡し記念セレモニーが独ハンブルクで開催され、カタール航空のアクバ・アル・バクル グループ最高経営責任者とエアバスのファブリス・ブレジエ社長兼最高経営責任者らが出席した。カタール航空はA380を合計で10機発注している。

カタール航空のA380初号機が引き渡されたことは、同社のとって、新規路線の開拓や路線ネットワークの拡充などに向けた新たな章の幕開けとなる。より大きな収容能力と長い航続距離、比類ない燃費性能を兼ね備えるA380は、カタール航空の乗客をさらに遠くの目的地まで運び、快適な空の旅を提供する。

A380は乗り心地の良さや、客室の静かさ、広々とした機内空間を持つため、乗客からも航空会社からも多大な支持を受けている。このような特徴を持つA380によって、カタール航空が目指す最高のサービスを乗客に提供することが可能になる。また、A380の客室の柔軟性によって、機内スペースを革新的に活用でき、これまでにない空の旅を作り出すことができる。

カタール航空のA380は全席に最新の機内エンターテイメントシステムを備える。スタイリッシュで快適な客室にはエコノミー・クラスが461席、ビジネス・クラスが48席、ファースト・クラスが8席の合計517席が装備されている。ファースト・クラスには業界で最も幅広い座席を装備。ビジネスとファースト・クラスの座席は総2階建てA380の2階席に位置し、ラウンジスペースも備えている。

カタール航空はA380の12番目の運航会社となる。同社の1号機はドーハのハマド国際空港とロンドン・ヒースロー空港を結ぶ路線で運航される予定。その後、パリのシャルル・ドゴール空港に就航する。

A380ファミリーはこれまでに19社から318機の受注を獲得、超大型機市場で約90%の市場シェアを持つ。今回の引き渡し含めるとA380の合計引き渡し機数は142機となる。これまでにA380

は18万回の飛行で、150万時間以上を飛行している。これまで6,500万人以上の乗客がA380の空の旅を経験している。約4分毎に世界中の41ヶ所の空港のどこかで離着陸を行い、そのネットワークは拡大し続けている。