プレスリリース

プレスリリース詳細

A380の紙飛行機作りを体験

六本木ヒルズ キッズワークショップに参加

2018年 08月 03日

エアバスは今年も六本木ヒルズのサマーイベント、「キッズワークショップ」に参加しました。小学生の子ども達約40人がA380の紙飛行機作りを通して、エアバスの航空機やヘリコプターについて楽しみながら学びました。

ワークショップを行うことによって、特に若い世代の航空宇宙産業に対する興味や関心を促進します。子ども達はA380の紙飛行機作りに挑戦し、飛行機が飛ぶ仕組みについて学びました。また、A380の大型部品がヨーロッパのエアバス工場から地上、海上、河川を使って輸送され、組み立てられていく様子をビデオで見ながら飛行機の製造方法について学びました。

ワークショップではその他、来春に商業運航を開始するANAのA380、「FLYING HONU」の客室をビデオで紹介し、また、ヘリコプターの多岐にわたるミッションについて説明を行いました。さらに、旅客機とヘリコプターに関してより分かりやすく理解するためのクイズも行い、子ども達が楽しんで航空の世界を知るワークショップとなりました。

エアバスは2012年から六本木ヒルズのキッズワークショップに参加し、今年で7年目になります。今年は応募総数およそ300人の中から40人が抽選で選ばれ、ワークショップに参加しました。

エアバス・ジャパンの野坂孝博コミュニケーション・ディレクターは次のように述べています。「7年間で合計280人以上の子ども達がエアバスのワークショップに参加しました。私達はこのような活動を継続し、航空産業の未来を担う子ども達に航空の世界の魅力を伝え、今後のキャリアにおいてより多くの選択肢を提供していきたいと考えています。ワークショップに参加した子ども達が将来、パイロットやエンジニア、航空の専門家になる日が来ることを心待ちにしています」

 

受注・引き渡し

Airbus July 2018
総受注数 18455
総納入数 11304
運航機数 10288