プレスリリース

プレスリリース詳細

A380向けキャビン・フレックスをローンチ

• プレミアムエコノミーを最大11席、またはビジネスクラスを7席追加可能

• 2019年から導入開始へ

2018年 04月 10日 Press Release

エアバスはA380向けの新たな客室オプションとして「A380 Cabin-Flex(キャビン・フレックス)」をローンチしました。座席数の少ないプレミアム仕様の客室に適した2階席のドア付近のスペースを調整することにより、客室の快適性を損なうことなく収益性を高める座席を追加することができます。A380キャビン・フレックスは新造機にも既存機にも適用可能です。カンタス航空が同オプションのローンチオペレーターとして2019年半ばから保有するA380にA380キャビン・フレックスを導入する予定です。

A380キャビン・フレックスは2階席の「ドア3」を機能させないことで追加の客室スペースを活用し、座席を増加することが可能です。既存のA380の客室レイアウトと比較すると、A380キャビン・フレックスはプレミアムエコノミーを最大11席、もしくはビジネスクラスを7席増やすことができます。経済面においては、このオプションを採用することにより、およそ1年で既存機へのキャビン・フレックス導入における投資に対して利益を生むことができます。この新客室オプションは、2階席のプレミアム座席数を増やす最も効率的な方法となります。

世界最大の旅客機であるA380型機は最も広い客室を備え、乗客に静かでスムーズな最高の乗り心地を提供します。総2階建てのワイドボディ機の客室には幅の広い座席と通路、広々とした床スペースを備えます。A380型機は利益を生み、交通を促進し、乗客から高い人気を誇る航空機です。現在特別なウェブサイトのiflyA380.comにて、フライトを予約する際にA380を選択することも可能です。これまでに世界中の13社によって60都市へ223機が運航されています。世界中の240カ所の空港で運航が可能です。