プレスリリース

プレスリリース詳細

A380向け新客室装備オプションを提供へ

• A380の経済性、客室の快適性を向上

• 客室スペースを最適化することで約80席追加可能

• 快適性を妥協することなくゆとりの客室空間を実現

• 航空会社の収益性向上へ

2017年 04月 03日 Press Release

エアバスはA380客室向けの様々なオプションを発表しました。その中でも最新のオプションである客室前部の階段の設計変更が、独ハンブルクのインテリア・エキスポで公開されました。客室装備に改良を加えることで、A380の効率性と快適性を向上し、約80席追加可能* なスペースを作り出し、航空会社に高い収益性をもたらします。

A380向けに提案する新たな客室装備オプションは次の通りです。

新しい前部階段:20席追加可能(ビジネス、プレミアム・エコノミー、エコノミー)

前部階段の位置をドア1からドア2に移動し、アッパーデッキ(2階席)に上がる階段入り口とロワー(下部)デッキの乗務員休憩室に下りる階段を組み合わせます。これにより最大20席追加可能になります。

乗務員休憩室の結合:3席追加可能(プレミアム・エコノミー)

従来の運航乗務員休憩室(ドア1の中2階のコックピット裏側)の位置を移動し、ロワーデッキの客室乗務員休憩室と結合させます。これによりメインデッキの前部にプレミアム・エコノミーを3席追加可能になります。

メインデッキに横11席3-5-3のエコノミークラス配置:23席追加可能(エコノミー)

エアバスとパートナーが開発した革新的な座席配置により、18インチの座席幅を確保しながら、メインデッキに横11席3-5-3の座席配置が可能になります。これにより23席追加でき、収益性を大幅に向上します。

後部ギャレー階段モジュール:14席とカート2台追加可能

客室後部のらせん階段を四角い直階段に再設計します。これによりメインデッキのギャレーの収納量が増加します。14席とカート2台追加可能になります。

アッパーデッキ両端の荷物入れを取り外す:10席追加可能(ビジネス)

アッパーデッキの両端についている収納スペースを取り除くことによって足元レベルの客室幅を広くすることができます。これにより斜め配置のヘリンボーン座席の場合、ビジネスクラスを最大10席追加できます。

メインデッキに横9席のプレミアム・エコノミー:11席追加可能(プレミアム・エコノミー)

A380のメインデッキは民間旅客機の中で最も幅広く、プレミアム・エコノミー座席の設計を最適化することで業界で最も効率的で快適なプレミアム・エコノミークラス配置を可能にします。これによりプレミアム・エコノミー横8席の配置よりも11席追加できます。

*注:現在A380を運航する航空会社の標準座席数は497席で、継続的に標準ロードファクターを上回っています。これらのA380客室装備オプションを取り入れることによって、497席の座席数が4クラス制575席に増加し、大幅な収益性拡大が見込めます。