プレスリリース

プレスリリース詳細

ルフトハンザ、A350を最大55機発注へ

2013年 09月 19日 Press Release

エアバスは、ルフトハンザの監査役会が、長距離用航空機の拡充と刷新のため、A350-900を最大55機(確定発注25機、オプション30機)発注する決定をしたことを発表した。同社は発注したA350を同機種最大サイズのA350-1000に変更することも可能である。

ルフトハンザ グループは6ヶ月前に同社の単通路型保有機をすべてエアバス機に統一する戦略を決定した。今回の発注を合わせると、同社から2013年に獲得した受注数は125機。これは同社からこれまで1年間に獲得した受注数で最も多い機数である。オプションを含めると受注数は合計232機にのぼる。

ルフトハンザ グループはエアバスの最大顧客および最大運航会社の一社で、これまでに約535機を発注し、現在397機を運航させている。運航機数の内訳はA320ファミリーが282機、A330が42機、A340が63機、A380が10機。グループは最近、100機のA320ファミリーを発注し、同社の150席-230席装備クラスの単通路型保有機を全機エアバス機に統一する計画を発表した。

3機種で構成されるA350 XWBファミリーは標準で3クラス制の270席から350席を装備する。胴体幅が広く、18インチ幅のエコノミー・クラス席を装備することができるため、長距離を飛行する乗客に高い快適性を提供する。また、同サイズの競合機と比べて効率性を25%改善することができる。初号機の引き渡しは2014年の予定。これまでに35社から682機の受注を獲得している。

 

受注・引き渡し

Airbus July 2018
総受注数 18455
総納入数 11304
運航機数 10288