プレスリリース

プレスリリース詳細

A350 XWB向けトレントXWBエンジン、EASAより型式証明取得

2013年 02月 07日 Press Release

エアバスはこのほど、A350 XWB向けエンジンであるロールス・ロイス社製トレントXWBターボファンエンジンが、欧州航空安全庁(EASA)より型式証明を取得したことを発表した。この型式証明はドイツのケルンにあるEASA本部でロールス・ロイスに授与された。

今回型式証明を受けたのはA350-800およびA350-900に搭載されるトレントXWBエンジン。A350-1000向けのより推力の高いトレントXWBエンジンは現在開発作業が進められている。

エンジン型式証明を取得したことで、トレントXWBエンジンは飛行における要件を満たしていることが証明され、A350-900(MSN001)の初飛行に向けて重要な一歩を踏み出した。エンジンは今後A350-900初号機への取り付けに向けて作業が進められる。

トレントXWBエンジンは2012年2月からA380テスト機のエンジン一基と換装され、一連の飛行テストを実施していた。これらの飛行テストから、同エンジンがA350 XWBプログラムの効率性と性能における高い目標を満たすことが示されている。

A350 XWBはエアバスの最新鋭中型ワイドボディ機。3機種で構成され、標準で3クラス制の270席から350席を装備する。空力性能、設計、テクノロジーにおいて最先端技術を採用し、同じサイズの競合機と比べて最大25%大幅に燃費を削減し、運航コストを削減している。就航は2014年の予定。これまでに35社から617機の受注を獲得している。