プレスリリース

プレスリリース詳細

エティハド航空、A350 XWBを50機、A320neoを36機、A330-200Fを1機発注

2013年 11月 17日 Press Release

エアバスはアラブ首長国連邦の国営航空会社であるエティハド航空が、同社の機材刷新計画の一環でA350 XWBを50機、A320neoを36機、A330-200F貨物機を1機発注したことを発表した。この発注契約は現在開催されているドバイ航空ショーで、エティハド航空のジェームス・ホーガン最高経営責任者(CEO)とエアバスのファブリス・ブレジエ社長兼最高経営責任者(CEO)の間で締結された。

発注の内訳は、A350-900が40機、A350-1000が10機、A330-200F貨物機が1機、A321neoが26機、A320neoが10機。エティハド航空は現在A320ファミリーを23機とA330を25機、A340を11機運航させている。そのため、新規発注の機体を導入する際もスムーズで問題なく、高い運航効率性とコストの削減を提供する。

3機種で構成されるA350 XWBファミリーは最新鋭の長距離用中型航空機。胴体幅が広く、エコノミー・クラスで18インチの幅広い座席を備え、長距離を飛行する乗客にも快適な乗り心地を提供する。同サイズの競合機と比べて効率性を25%向上している。現在、世界中の39社より764機の受注を獲得している。

A320neoファミリーはA320ファミリーに新型エンジンと大型のウイングチップであるシャークレットを取り付けるオプションで、燃費を最大15%削減することができる。2013年10月末時点で合計44社から2,487機の受注を獲得。最も早いスピードで多くの受注を獲得し、市場で高い評価を得ている航空機である。

A330ファミリーの派生機であるA330-200Fは世界で最新の中型貨物専用機。最大ペイロード70トンを運び、4,000海里を飛行することができる。A330ファミリーは現在、世界中で1,280機以上の受注を獲得し、100社以上によって1,010機が運航されている。