プレスリリース

プレスリリース詳細

A350 XWB、最大370分のETOPS承認

2014年 10月 16日 Press Release

エアバスは最新鋭のA350-900が欧州航空安全庁(EASA)より180分超のETOPSの認可を取得したことを発表した。初号機の就航前にこのレベルのETOPSが承認されたのはA350 XWBが初めて。これによりA350 XWBを運航する航空会社は、双発機の中で最も効率的で確実な直線の長距離路線を飛行することができるようになる。今後、米連邦航空局(FAA)による認可も取得する。

基本仕様で180分のETOPSを含んだ今回の認可は、航空会社の選択に応じて、300分のETOPS、370分のETOPSも可能となるもの。代替となる空港までの距離を最大2,500海里(4,630キロ)まで延ばすことができる。この距離を時間にすると、代替空港まで最大で約370分の地域を飛行することができる(通常の環境下でエンジンが1基不作動になった状態の飛行速度で)。

今回のETOPS認可によって、運航会社は180分のETOPS規定では飛行できなかった新しいより直線的な航路を飛行することができるようになる。370分のETOPSでは、オーストラリア、南アフリカ、南米間といった新しい路線の運航も可能。また、300分のETOPSは、東南アジアから米国、オーストラレーシアから米国といった北・中央太平洋上を飛行する、より効率的な大洋横断路線を運航できる。既存の路線(最大180分のETOPS)を飛行している運航会社は、より直線的で燃費効率の良い航路を利用することができ、飛行時間を短縮すると共に代替空港の選択肢も増える。

A350 XWBが商業運航開始前に今回のETOPS認可を受けたことは、機体の設計やシステムの成熟度が認められた証である。つまり、同じエアバスのワイドボディ機ですでにETOPS実績のあるA330と同等の成熟度であることが実証されたことになる。A330はこれまでに約700万回の飛行で3,000万時間以上の飛行経験がある。

A350 XWBは276席から369席を装備する最新鋭の長距離用中型航空機。革新的技術、特別な製造方法を取り入れ、乗客に快適な空の旅を提供する。顧客と密接に関係しながら開発したA350 XWBは快適性、運航効率性、コスト効率性における業界の新基準を確立した。今後A350の飛行時間のおよそ70%がETOPS飛行になることが見込まれる。A350 XWBはこれまで39社から750機の受注を獲得した。