プレスリリース

プレスリリース詳細

シンガポール航空に超長距離型A350 XWBを納入

2018年 09月 22日 Press Release

エアバスはシンガポール航空に超長距離型のA350-900ULR初号機を引き渡したことを発表しました。    

ベストセラーワイドボディ機A350 XWBの最新派生型であるA350-900ULRは、最大9,700海里の航続距離もしくは20時間以上のノンストップ飛行が可能で、民間航空機の中で最も長距離を飛行することができます。シンガポール航空は合計でA350-900ULRを7機発注しています。客室は2クラス制でビジネスクラスに67席、プレミアムエコノミークラスに94席を装備します。

シンガポール航空は10月11日からA350-900ULRの商業運航を開始し、シンガポールとニューヨークをノンストップで結びます。平均飛行時間18時間45分のこの路線は旅客機による商業飛行路線で最も長い運航距離となります。同社はニューヨークに続き、ロサンゼルスとサンフランシスコへのノンストップ便も就航させる予定です。 

A350-900ULRはA350-900の派生型です。主に燃料システムの改良を行い、搭載燃料を24,000リットル増やし165,000リットルを搭載することができます。また、ウイングレットの延長など多くの空力技術の改良を施しています。

2018年8月末時点でA350 XWBは世界中の46社から890機の受注を獲得し、世界中で成功を収めているワイドボディ機です。すでに約200機のA350 XWBを納入し、21社によって運航されています。 

シンガポール航空はA350 XWBファミリーの最大顧客の1社で、超長距離型を含む合計67機を発注しています。今回受領したA350-900ULRを含め、合計22機を保有しています。