プレスリリース

プレスリリース詳細

エアバスとジャムコはA350 XWBの新型ギャレーの製造供給契約を締結

2015年 06月 17日 Press Release

エアバスと株式会社ジャムコは、エアバスの最新鋭機A350 XWB向けに新型ギャレー(調理室)と化粧室を開発、製造、供給、サポートする契約を締結しました。オプションで客室後部に装備可能なこの新型ギャレーは最大16台のカートを収納し、2つの化粧室を設置することができます。2018年からSFE(製造メーカーによる装備品)として航空会社へ提供可能となります。今回の契約締結により、ジャムコは機内装備品サプライヤの「ティア1」として、エアバスのリスク・シェアリング・パートナーになりました。

この新しいギャレーと化粧室モジュールは「ICE Rear Galley」と呼ばれ(ICE/Increased Cabin Efficiencyは客室の効率性向上の意味)、機内装備品の個別の製品を合わせてパッケージで提供するというエアバスのコンセプトを具体化させたものです。これにより、シートピッチを変えずに快適性を保持しながら、座席をより多く備えることができ、座席マイルコストを削減します。

ジャムコの鈴木善久代表取締役社長は次のように述べています。「このたびジャムコが最新のA350 XWBの後部ギャレーと化粧室モジュールのサプライヤに選定されたことを光栄に思います。エアバスの機内装備品のSFEサプライヤの主要な1社になったことは、歴史的な出来事です。」さらに、「このプロジェクトは、エアバスとジャムコにとって将来に向けそのパートナーシップを発展させる良い機会になるでしょう。」と付け加えました。

エアバスのファブリス・ブレジエ社長兼最高経営責任者は次のように述べました。「製品をより良いものにするため、ジャムコと協力して取り組んでいけることを喜ばしく思います。ジャムコは常に高い信頼性と技術力によって高品質な製品を供給しています。A350を運航する航空会社は今後、客室後部に新設計のギャレーを選択することが可能になり、客室の快適性を確保しながら座席を6席追加することができます」

既存の標準装備のV字型ギャレーと同様に、ジャムコが供給する新しいオプション装備は、機体後部に設置される客室乗務員用休憩室と両用可能です。このオプションはA350-1000の商業運航開始から取り付けることができます。A350-900への装備には構造上の変更が導入されます。その他のA350 XWB向けギャレーのサプライヤに変更はありません。

エアバスは100席から500席以上を装備する最新の航空機を幅広く提供する航空機メーカーです。常に革新技術に挑戦し、燃費効率に優れ、騒音を削減した航空機を提供しています。これまでに世界中の380社以上から15,400機以上の受注を獲得しています。