プレスリリース

プレスリリース詳細

A350 XWB初号機の中央翼がエアバスのナント工場からサンナゼール工場に輸送

A350 XWB初号機の中央翼がエアバスのナント工場からサンナゼール工場に輸送
2011年 08月 09日 Press Release

エアバスはA350 XWB初号機の中央翼をエアバスの仏ナント工場から仏サンナゼール工場に輸送したことを発表した。この工場で中央翼を胴体に取り付ける。A350 XWBの中央翼は40%が炭素繊維強化プラスチック(CFRP)で造られ、大きさが縦6.5メートル、横5.5メートル、高さが3.9メートルある。

A350 XWB中央翼はA380の中央翼と共に河川船舶のバージでロワール川を航行し、ナントの工場から数時間でサンナゼールの工場に到着した。胴体への取り付けが終わるとすぐに、特別貨物輸送機ベルーガでサンナゼールからトゥールーズにある最新のA350 XWB最終組立工場に運ばれる。

2009年12月、ナントにて最初のA350 XWB用複合材の積層が行われた。中央翼に使われる最大のパネルは完全に炭素繊維複合材製で、その表面面積は36平方メートル。これはこれまでナント工場で製造された中でも最大の複合材製の一体成形パネルである。

世界中にあるエアバス工場と同様にナント工場も複合材に関する高度な技術を持っており、A350 XWBの中央翼やキール・ビームといった複合材製の構造部品の組立と製造において業界のリーダーとなっている。A350 XWBは主翼や胴体などの主要部位を含む53%が複合材製である。

A350 XWBは効率性の高い中型長距離ワイドボディ機マーケットに対するエアバスの回答である。3機種で構成され、標準の3クラス制でA350-800は270座席、A350-900は314座席、A350-1000は350座席を装備する。

A350 XWBは胴体がこれまでのエアバス機よりも大きくなり機内空間が広がったことで乗客への快適性が向上。運航コストと座席マイルコストを大幅に削減している。ロールス・ロイス社製トレントXWBエンジンを搭載するA350 XWBは、燃料費の高騰、高品質を求める乗客の期待、環境問題に対する関心の高まりに対応する。これまで35社から567機の受注を獲得している。エアバスは今後20年間で2通路の中型新造旅客機の需要が5,800機あると予測する。