プレスリリース

プレスリリース詳細

A350 XWB、日本に初飛来

羽田空港で3日間地上展示

2014年 11月 19日 Press Release

エアバスの最新鋭機A350-900が19日午後、日本に初飛来した。機体はMSN005(製造者番号005)で、5機あるテスト機のひとつ。19日から21日までのあいだ、地上展示され、航空関係者や報道関係者に公開される。

日本では日本航空が昨年10月、A350 XWBを31機(A350-900を18機、A350-1000を13機)確定発注している。今月には米連邦航空局(FAA)より型式証明を取得。日本航空への引き渡しは2019年から行われる予定。

A350 XWBはエアバスの最新ワイドボディ旅客機。標準で2クラス制の客室仕様に276座席から369座席を装備し、約15,000kmを飛行する。最新設計による炭素繊維複合材製の胴体や主翼、燃費効率の高いロールス・ロイス社製トレントXWBエンジンを装備。これにより燃料消費を25%削減するとともに、排気や整備コストを低減し、運航効率を比類ないレベルまで向上させた。

機内の快適性も大幅に向上している。全てのクラスの客室が広々としており、エコノミー・クラスの乗客も幅18インチの座席が標準となっている。プレミアム・クラスでは最適な客室仕様で広々としたライフラットの座席を設置することが可能。また最新の機内エンターテーメントを装備し、通信環境も整っている。窓は従来よりも大きく、頭上の手荷物棚も収容量が大きい。また、綿密な空調管理で機内温度も正確に設定できる。

今回飛来したA350-900は、ビジネス・クラスが横1列4席で合計42席(ライフラットシート)、エコノミー・クラスが横1列9座席で合計223席(32インチから34インチのシートピッチ)の仕様。特別な飛行テスト機器も搭載している。

A350 XWBはアジア太平洋地域で特に人気が高く、総受注数750機のうち244機を同地域から受注している。日本航空のほか、アジア太平洋地域でA350 XWBを発注しているのはアシアナ航空、エアチャイナ、キャセイパシフィック航空、チャイナ エアライン、シンガポール航空、タイ国際航空、ベトナム航空がある。

A350 NMS005はソウル、東京に続き、ハノイ、バンコク、クアラルンプールを11日間かけて訪問し、仏トゥールーズに帰還する。