プレスリリース

プレスリリース詳細

A350 XWB、デモ飛行で日本、韓国、ベトナム、タイ、マレーシアに初飛来

羽田空港到着は19日

2014年 11月 17日 Press Release

エアバスはA350-900がデモ飛行でアジア地域を訪問することを発表した。17日に現地トゥールーズを飛び立ったA350は11日間かけてアジアの各都市を訪問する。日本への到着は19日で、A350が飛来するのは初めて。

今回のアジアへのデモ飛行は、今年7月から8月に型式証明取得に向けて実施されたA350路線実証飛行テストツアーに続くもの。このときアジア地域では香港、シンガポール、オーストラリアなどを訪問した。A350-900はその後、欧州航空安全庁(EASA)と米連邦航空局(FAA)から型式証明を取得している。今回のデモ飛行では日本を始め、韓国、ベトナム、タイ、マレーシアを訪問する。A350 XWBはこれまで世界中の顧客から750機の確定受注を獲得しているが、なかでもアジア太平洋地域からの受注は3分の1を占める。

デモ飛行ツアーでは11月17日から28日までの11日間でソウル、羽田、ハノイ、バンコク、クアラルンプールを訪問し、仏トゥールーズに帰還する予定。

A350 MSN5は5機あるA350 XWBテスト機のうちの1機で、客室を装備している(ビジネス・クラスが42機、エコノミー・クラスが223機)。機体はエアバスのフライトクルーが運航する。A350初号機は今年度末までにカタール航空に引き渡される。

3機種で構成されるA350 XWBファミリーは276席から369席を装備する最新鋭の長距離用中型航空機。胴体幅が広く、エコノミー・クラスで18インチの幅広い座席を備え、長距離を飛行する乗客にも快適な乗り心地を提供する。また、燃費を25%削減。多くの革新技術を取り入れ、乗客の快適性、運航効率性、コスト効率性における新基準を築いた。2014年10月末時点で、世界中の39社から750機の受注を獲得している。