プレスリリース

プレスリリース詳細

A350 XWB、初期長距離飛行を完了

通常運航での成熟度を評価

2014年 06月 02日 Press Release

エアバスはA350 XWB MSN2が初期長距離飛行(Early Long Flight)キャンペーンを成功裏に終了したことを発表した。初期長距離飛行は6月2日と3日の2度にわたって実施され、それぞれエールフランス航空とルフトハンザ ドイツ航空の客室乗務員が乗務した。

初期長距離飛行はA350 XWBの商業運航に向けた重要なステップである。型式証明取得プログラムには含まれないが、初期長距離飛行を行うことで型式証明取得に先立ち、フライト中の客室環境やシステムの状況を評価することができ、航空会社による商業運航の初日からA350 XWBの高い成熟度を確実にすることが可能となる。

今回の初期長距離飛行は仏トゥールーズで実施された。第1回目は6月2日の日中に7時間の飛行を実施した。2回目は夜の時間帯で12時間飛行した。

飛行を行ったA350 XWB MSN2にはエアバス従業員で構成される合計500人の乗客と、エアバスおよび装備品メーカーから客室の専門家約30名が搭乗し、A350 XWBの快適な客室を体験した。飛行中、搭乗者らは空調や照明、防音環境、機内エンターテイメント(IFE)、ギャレー、電気システム、トイレ、排水システムなどを検査した。

A350 XWB MSN2は、客室を装備する2機のA350 XWBテスト機のうちの1機。ビジネス・クラスとエコノミー・クラスを備えた2クラス制の客室で合計252席を装備する。初期長距離飛では、航空会社による通常の商業運航を想定して飛行した。

A350 XWBの型式証明取得プログラムは順調に進んでいる。2014年第3四半期(7月-9月)に型式証明の取得、引き渡しを第4四半期に予定している。現在、4機のテスト機で合計440回以上、約1,900時間を飛行している。最後のテスト機であるMSN5も今後飛行テストに加わる予定。

A350 XWBはエアバスの最新鋭長距離用中型機。3機種で構成され、276席から369席までを装備する。客室内の幅が221インチ(5.61メートル)と幅広く、全クラスの座席において快適な乗り心地を提供する。また、同クラス機と比較して25%高い効率性を備える。2014年5月末時点で、世界中の39社から812機の受注を獲得している。