プレスリリース

プレスリリース詳細

A350-900、欧州航空安全庁より型式証明を取得

2014年 09月 30日 Press Release

エアバスは世界最新鋭の旅客機A350-900が欧州航空安全庁(EASA)より型式証明を取得したことを発表した。型式証明を取得したのはロールス・ロイス社製トレントXWBエンジン搭載のA350-900。今後、米連邦航空局(FAA)による型式証明も取得する。

エアバスのファブリス・ブレジエ社長兼最高経営責任者は、「EASAからA350-900の型式証明を取得したことはエアバスと、そしてこの航空機の設計から製造、テストに関わったすべてのパートナーの偉大な功績だ。A350-900は快適性と効率性において多くの革新技術を取り入れた最新鋭機である。多くの乗客を乗せて離陸する準備は万端だ」と述べた。

ブレジエはさらに次のように語った。「A350 XWBの製造プログラムは革新的で野心的な挑戦だった。我々は就航時にA350 XWBを完全に成熟した航空機として造り上げることを目指した。そしてその成果を初号機の顧客であるカタール航空へ引き渡すことができることを誇りに思う。5機のテスト機によって、時間、コスト、品質すべての面で予定通りに型式証明取得プログラムを終了した。我々は2,600時間を超える飛行テストを行い、これまでで最も徹底した、効率的なテストプログラムを実施し、それを成し遂げた」

A350-900は厳しいテスト・プログラムによって機体構造からシステムにいたるまで限界を超えて実験を行い、その機体が実際に運航可能であることを実証され、型式証明を取得した。

A350 XWBは276席から369席を装備する最新鋭の長距離用中型航空機。革新的技術、特別な製造方法を取り入れ、乗客に快適な空の旅を提供する。顧客と密接に関係しながら開発したA350 XWBは快適性、運航効率性、コスト効率性における業界の新基準を確立した。これまでに39社から750機の受注を獲得している。