プレスリリース

プレスリリース詳細

A350-900の超長距離型をローンチ

シンガポール航空が選定、米国へのノンストップ飛行が可能に

2015年 10月 13日 Press Release

エアバスは新しくローンチしたA350-900の超長距離型、A350-900ULR(Ultra-Long Range)をシンガポール航空が選定したことを発表しました。これにより米国へのノンストップ飛行が可能になります。シンガポール航空が発注している63機のA350-900のうち7機が、最大19時間飛行可能な超長距離型として引き渡される予定です。また、同社はA350-900を4機追加発注し、合計発注数を67機に増加させました。

米国へのノンストップ飛行用に最適化されたA350-900ULRは、燃料システムに変更を加え燃料搭載容量を増加させます。さらに、最大離陸重量を増加させ、空力性能を向上させることによって米国西海岸やニューヨークへの飛行を可能にします。

シンガポールからニューヨークへの路線は約8,700海里(16,110キロ)の距離があり、世界最長の旅客サービス路線となります。飛行時間は最大19時間の見通しです。また、高い柔軟性を備えたA350 XWBは要望に応じて超長距離型のA350-900ULRを標準型A350-900に変更させることができます。

シンガポール航空のゴー・チュン・ポンCEOは、「多くのお客様がシンガポールと米国間のノンストップ便が再開されることを待ち望んでいます。シンガポール航空は、ビジネスとして発展可能で、超長距離運航に最適な航空機をエアバスが提案してくれたことを非常にうれしく思います。」と述べました。また、「私たちは業界のリーダーとして、革新的なプロダクトと卓越したサービスを提供し続けることによってお客様の要望に応え、その期待を超えるために献身的に取り組んで参ります。このたびA350-900ULRの導入を決めたこともその取り組みの一つです。そしてまた、北米と東南アジアを結ぶ最速で最も便利な空の旅を提供することによって、シンガポールのハブ機能をさらに強化することができるでしょう」と付け加えました。

エアバスのファブリス・ブレジエ社長兼最高経営責任者(CEO)は、「私たちはシンガポール航空との協力のもと、米国へのノンストップ飛行が再開されることを楽しみにしています。A350は超長距離の運航においても比類ない運航経済性を実現する最適で柔軟性の高い航空機です。また、より機体幅が広く静かな客室は心地よい居住環境を確保し、世界的に評価の高いシンガポール航空の機内サービスによって快適な空の旅を楽しむことができるでしょう」と語りました。

最新鋭機A350 XWBは今年始めに商業運航を開始しました。最新の空力設計を採用し、胴体と主翼に炭素繊維複合材を使用し、優れた燃費効率を提供する最新のロールス・ロイス社製トレントXWBエンジンを装備します。これにより比類ない運航効率性を実現し、燃費と排気を25%、整備コストを大幅に削減しました。

A350 XWBはこれまでに世界中の41社から合計783機の受注を獲得し、市場から高い評価を得ているワイドボディ機です。シンガポール航空は同機の東アジア最大の顧客で、合計67機を発注しています。初号機は2016年第1四半期に引き渡される予定です。長距離型A350-900ULRは2018年から引き渡しが開始されます。