プレスリリース

プレスリリース詳細

キャセイパシフィック航空がA350-1000を選定

2012年 07月 11日 Press Release

エアバスは、キャセイパシフィック航空がA350-1000を10機追加導入する意向であることを発表した。さらに同社は、発注しているA350-900のうち16機分をより大型のA350-1000に変更する予定。A350-1000の導入については今後、キャセイパシフィック航空の取締役会による承認を必要とする。さらに同社はリースでも2機追加導入する予定である。

A350-1000はA350 XWBファミリーの最大機種で、標準で3クラス制の350席を装備する。8,400海里/15,560キロを飛行することができ、キャセイパシフィック航空は最大のノンストップ路線である欧州と北米を結ぶ路線などの混雑路線で運航させることが可能。エンジンは推力97,000ポンドのロールス・ロイス社製トレントXWBエンジンを2基搭載する。

A350 XWBファミリーは最新の中型長距離ワイドボディ機。標準で3クラス制の270席から350席を装備する3機種で構成され、2014年に就航する予定。これまでに世界中の34社から合計で548機の受注を獲得している。