プレスリリース

プレスリリース詳細

カタール航空、A350-1000を拡充

2018年 10月 01日 Press Release

エアバスは、カタール航空が発注済みの5機のA350-900をより大型のA350-1000に切り替えたことを発表しました。今回のA350-1000機材の拡充は、最高レベルの快適性と運航効率性を提供し、成長と輸送能力の拡大を促進するカタール航空のニーズを反映しています。

より大型のA350-1000への切り替えは、42機のA350-1000を発注する最大顧客としてのカタール航空の地位をより強化します。A350-1000の胴体はA350-900より7メートル長く、より高い輸送能力を提供し(カタール航空の客室レイアウトでは44席多く座席を提供可能)、拡大する同社の長距離路線ニーズに対応します。

カタール航空のA350-1000は同社の革新的なビジネスクラス、「Qsuite」を装備し、空の旅において新たなレベルの快適性を提供します。

カタール航空はA350 XWBファミリーを合計76機を発注している世界最大の顧客で、現在、A350-900を27機とA350-1000を3機の合計30機を運航しています。

A350-1000は商業運航を開始してから比類ない効率性と経済性、高い運航信頼性を実証しています。

A350 XWBは空の旅の未来を形作る中型ワイドボディの長距離用最新鋭機です。最新の空力設計で炭素繊維複合材製の胴体と主翼を備え、効率性の高いロールス・ロイス社製エンジンを搭載します。これらの最先端技術を導入することで比類ない運航効率性を実現し、燃費と排気を25%削減、整備コストを大幅に抑えました。エアバスの革新的客室ブランドAirspaceを取り入れ、乗客と乗務員に快適で心地の良い居住空間と最先端技術を提供し、すべての客室クラスにおいて空の旅の新基準を築いています。

A350 XWBはこれまで世界中の46社から890機の受注を獲得しています。