プレスリリース

プレスリリース詳細

カタール航空にA350-1000初号機を引き渡し

A350 XWBワイドボディ機ファミリーで空の旅の未来を形成

2018年 02月 20日 Press Release

エアバスは最新鋭A350-1000初号機を、ローンチカスタマーであるカタール航空に引き渡したことを発表しました。仏トゥールーズで引き渡し記念式典が開催されました。カタール航空は37機のA350-1000を発注しており、同機はその第1号機です。また、ビジネスクラスでダブルベッドを提供するカタール航空の革新的な座席、「Qsuite」をエアバス機として初めて装備しています。同社はA350 XWBファミリーを合計76機を発注している世界最大の顧客で、またA350-1000の最大顧客でもあります。

A350-1000はA350-900を含むカタール航空の保有機にスムーズに加わります。A350-900とA350-1000の両機は相互に補完し合い、高い共通性によって比類ない運航効率を提供します。また、エアバスの革新的客室「Airspace」による快適な空の旅を実現します。個人スペースによりゆとりを持たせ、客室高度を最適化、新鮮な空気、温度と湿度の適切な管理、最先端の機内エンターテインメントシステムを完備し、心地の良い最高の居住空間を提供します。

A350-1000はエアバスの最新で最大の双通路型ワイドボディ機です。A350-900より7メートル長い胴体を持ち、40%広いプレミアムクラスのスペースを確保します。カタール航空のA350-1000は44席多く座席を装備します。就航時から8,000海里(14,800キロ)の長距離航続距離を持ちます。A350-1000は翼の後縁に改良を加え、6つの車輪のメインランディングギア、よりパワフルなロールス・ロイス社製Trent XWB-97エンジンを装備します。A350-900と同様に、最先端の空力、設計、技術を導入し、前世代の競合機より運航コストを25%削減しています。