プレスリリース

プレスリリース詳細

エアバスの最新鋭A350-1000、日本に初飛来

羽田空港でエアバス最新長距離ワイドボディ機を公開

2018年 02月 14日 Press Release

エアバスは最新鋭A350-1000が東京に初飛来したことを発表しました。同機は羽田空港で地上展示され、航空関係者や報道関係者に公開されました。

現在A350-1000は中東およびアジア太平洋地域へ3週間にわたるデモ飛行ツアーを行っており、今回の飛来はそのツアーの一環です。

A350-1000は双通路型機におけるエアバス機最大の最新ワイドボディ機です。日本では日本航空が2013年にA350 XWBを31機(A350-900を18機、A350-1000を13機)発注しています。日本航空への引き渡しは2019年度から行われる予定です。

A350-1000は標準型のA350-900より7メートル長い胴体を持ち、40%広いプレミアムクラスのスペースを確保します。A350-1000は標準の3クラス制で366席を装備し、18インチ(45.72 cm)幅の快適なエコノミークラス席を備えます。就航時から8,000海里(14,800キロ)の航続距離を持ち、東京から欧州、あるいは北米へノンストップで飛行することができます。

エアバスの革新的な客室ブランド「Airspace」を装備するA350-1000は最先端の設計と技術を採用し、最高レベルの空の旅を実現します。広々とした静かな客室によって、比類ない快適性と最先端の機内エンターテインメントサービスを提供します。

A350-1000はその他のエアバス機と高い共通性を保持し、特にA350-900とシステムや部品が95%共通化しており、同一タイプレーティングを備えます。翼の後縁に改良を加え、6つの車輪のメインランディングギア、よりパワフルなロールス・ロイス社製Trent XWB-97エンジンを装備します。A350-900と同様に、最先端の空力、設計、技術を導入し、前世代の競合機より運航コストを25%削減しています。

飛来したA350-1000 MSN065(製造者番号065)は3機のA350-1000テスト機のうちの1機で、完全な客室を装備しています(ビジネスクラス40席、エコノミープラス36席、エコノミークラス219席)。

A350 XWBファミリーはアジア太平洋地域で特に高い需要があり、合計14社から287機の受注を獲得しています。これは世界の合計受注数854機の3分の1を占める割合です。同地域の航空会社ですでにA350-900を運航しているのは、アシアナ航空、キャセイパシフィック航空、チャイナ エアライン、香港航空、マレーシア航空、シンガポール航空、タイ国際航空、ベトナム航空です。