プレスリリース

プレスリリース詳細

A350-1000、中東およびアジア太平洋地域へデモ飛行ツアー実施

2018年 01月 26日 Press Release

エアバスはワイドボディ機ファミリーの最新機種であるA350-1000が、中東およびアジア太平洋地域へ3週間にわたるデモ飛行ツアーを開始したことを発表しました。

A350-1000は1年未満で一連の飛行テストを完了し、その性能や成熟度を実証して欧州航空安全庁(EASA)および米連邦航空局(FAA)より型式証明を取得しています。初号機は今後カタール航空へ引き渡される予定です。

デモ飛行ツアーを実施するのはA350-1000(MSN065)飛行テスト機です。中東、アジア太平洋地域の12都市に飛来し、航空関係者に機体の特色などを披露します。合計55,500キロ以上を飛行し、ドーハ、マスカット、香港、ソウル、台北、ハノイ、シンガポール、バンコク、シドニー、オークランド、東京、マニラに飛来する予定です。シンガポール滞在では2月6日から8日までシンガポール航空ショーで地上展示を行います。

A350-1000テスト機は3機あり、飛行ツアーを行うA350-1000 MSN0065は客室が装備されています(ビジネスクラス40席、エコノミープラスクラス36席、エコノミークラス219席)。同機はエアバスの飛行テストクルーによって運航されます。

A350-1000はエアバスのワイドボディファミリーの最新機種で、A350-900とシステムが95%共通化され、同一タイプレーティングを備えます。胴体が延長され、A350-900より40人以上多くの乗客を運ぶことができます。翼の後縁に改良を加え、6つの車輪を備えたメインランディングギア、よりパワフルなロールス・ロイス社製Trent XWB-97エンジンを装備します。A350-1000はA350-900と同様に高い燃費効率性と快適な客室「Airspace」を備え、空の旅の未来を形作ります。混雑した長距離路線にも最適な旅客機です。これまでに世界中の11社から169機の受注を獲得しています。

 

受注・引き渡し

Airbus April 2018
総受注数 18277
総納入数 11098
運航機数 10102