プレスリリース

プレスリリース詳細

A350-1000、欧州航空安全庁と米連邦航空局より型式証明を取得

初号機引き渡しは今年末の予定

2017年 11月 21日 Press Release

エアバスは、A350-1000が欧州航空安全庁(EASA)および米連邦航空局(FAA)より型式証明を取得したことを発表しました。型式証明を取得した同機はロールス・ロイス社製「Trent XWB-97」エンジンを搭載します。

型式証明はそれぞれEASAのトレバー・ウッズ型式ディレクターと、FAAのボブ・ブレネマン インターナショナル・セクション・マネージャーによって調印され、エアバスのシャルル・シャンピオン技術担当上席副社長に手渡されました。

エアバスのファブリス・ブレジエ最高業務責任者兼民間航空機部門社長は次のように述べました。「EASAとFAAよりA350-1000の型式証明を初飛行から1年未満で取得したことは、エアバスと機体の製造、テストに携わったすべての人達の素晴らしい功績です。A350-1000は、すでに運航している兄弟機のA350-900の成熟性による利点を持ち、それによって時間通りに比類ない性能を実現することができました。私達は今年末に予定しているカタール航空への初号機の引き渡しを楽しみにしています」

A350-1000はおよそ1年にわたり、機体およびシステムにおいて設計限界を超える厳しい飛行テストプログラムを実施し、必要なすべての耐空要件を満たしたことによって型式証明取得に至りました。ロールス・ロイスエンジンを搭載した3機のA350-1000テスト機は合計で1,600時間飛行しました。そのうち150時間は航空会社による実際の運航と同様の環境で飛行し、機体が商業運航を開始することが可能であることを実証しました。

A350-1000はエアバスのワイドボディファミリーの最新機種で、A350-900とシステムが95%共通化され、同一タイプレーティングを備えます。胴体が延長され、A350-900より40人以上多くの乗客を運ぶことができます。また、翼の後縁に改良を加え、6つのタイヤを取り付けたメインランディングギア、よりパワフルなロールス・ロイス社製Trent XWB-97エンジンを装備します。A350-1000はA350-900と同様に高い燃費効率性と快適な客室「Airspace」を備え、空の旅の未来を形作ります。また、混雑した長距離路線にも最適な機体サイズの旅客機です。これまでに世界中の11社から169機の受注を獲得しています。

 

受注・引き渡し

Airbus November 2017
総受注数 17415
総納入数 10799
運航機数 9832