プレスリリース

プレスリリース詳細

ナイジェリアのアリク・エアがA340-500を3機発注

2008年 09月 30日 Headline news

ナイジェリアのラゴスを拠点とする航空会社のアリク・エアがこのほど、3機のA340-500を確定発注した。

A340を導入することによって、アリク・エアはラゴスとアブジャをハブとしてビジネス拡大を推進する。今回発注されたA340は今後ロンドン、ニューヨーク、ヒューストン路線に就航する予定。ロールス・ロイス社製トレント500エンジンを搭載し、2クラス制の客室仕様で乗客に比類ない快適性を提供する。3機とも2008年11月までに引き渡される予定。

A340-500はA330/340ファミリーの1機種。250席から375席を装備する航空機市場において最新で最も航続距離の長い航空機である。世界最長路線であるシンガポールとニューヨークをノンストップで18時間飛行する。また、機内サービスも充実しており、A340は乗客に最高の居住空間を提供する。4基のエンジンを搭載するA340は高山地帯や極点上空などを飛行する超長距離路線において高い経済性と運航柔軟性を持つ。

エアバスは100座席から525座席以上を装備する最新旅客機を製造する航空機メーカー。フランス、ドイツ、英国、スペインに設計・製造センターを持つ他、日本、米国、中国、中東に現地法人を置く。本社は仏トゥールーズ。EADSが100%出資する。