プレスリリース

プレスリリース詳細

ニューカレドニアのエアカランがA330neoを2機とA320neoを2機発注

燃費効率の高い航空機で機材刷新

2016年 11月 29日 Press Release

エアバスは、仏領ニューカレドニアのヌメアを拠点とするエアカランがA320neoを2機とA330neo(A330-900)を2機発注する覚書(MoU)を締結したことを発表しました。MoU締結記念式典がヌメアで開催され、エアカランおよびエアバスの幹部らが出席しました。

A320neoのエンジンおよび客室仕様は今後決定します。エアカランはA320neoをオーストラリア、ニュージーランド、太平洋諸島への既存の地域路線に投入する予定です。また、A330neoは経由地の日本路線を拡充し、中国などへの新規路線開拓に導入されます。

エアカランのディディエ・タペロCEOは次のように述べました。「ニューカレドニアへの観光を強化する目的のもと、ニューカレドニアと各地域を結ぶ路線の拡充に、A320neoとA330neoへの機材刷新を決定しました」さらに、「最先端技術を搭載したA320neoは優れた燃費効率と低い運用コストを提供し、快適性において最高水準の客室を約束します」と付け加えました。

ニューカレドニア政府のベルナルド・ドゥラドリエール氏は、「エアカランは、将来的な収益性や競争力の向上に向けて、さらなる戦略的ステップを踏み出しました」と述べました。

エアバスのクリストファー・バックリー 欧州、アフリカ、太平洋地域担当上席副社長は次のように述べました。「エアカランがA330neoとA320neoを、将来的な成長と収益性の強化、そしてニューカレドニアへの観光需要拡大のため、導入する決定をしたことを大変光栄に思います」さらに、「A320ファミリーの派生型とA330には高い共通性があり、新たに導入する機材への移行はスムーズでコスト効率にも優れています。また、既存の航空機と同様に高い効率性を保持するなどの利点をもたらします」と付け加えました。

A330neoは同サイズの中で最もコスト効率が高く、座席当たりの燃費を14%削減しながら、整備コストを最大限抑え、最大4,000海里(7,408キロ)をノンストップ飛行することができます。

A320ファミリーはこれまでに12,500機以上の受注を獲得し、約400社の顧客に7,000機以上を引き渡しているベストセラー単通路型機です。幅広い客室を備え、エコノミー・クラスで標準18インチの快適な座席を装備します。

エアカランについて

エアカランは仏領ニューカレドニアを拠点とするフルサービスの国際航空会社です。現在A330とA320を保有し、日本やオーストラリア、ニュージーランド、主要な南太平洋諸島への路線で運航しています。エアカランは、ニューカレドニアを目的地、もしくは出発地とする乗客に幅広いフライトスケジュールを提供しています。詳細はwww.aircalin.com をご覧ください。