プレスリリース

プレスリリース詳細

A330neo初号機、最終組み立て開始

2016年 09月 27日 Press Release

エアバスは最新エンジンを搭載するA330neo初号機の最終組立が仏トゥールーズの最終組立工場で開始されたことを発表しました。初号機のA330-900は現在、中央胴体に主翼を結合する作業を行っています。

世界中で高い評価を得ているワイドボディA330ファミリーの最新派生型であるA330neoは、すでに実証されているA330の優れた経済性と柔軟性、信頼性を保持しながら、座席あたりの燃費を14%削減します。A330neo ファミリーのA330-800とA330-900は共に最新鋭A350の主翼技術を取り入れ、翼端にシャークレットを備え、高い空力性能を実現します。ロールス・ロイス社製新世代エンジンのトレント7000を搭載し、エアバスの革新的客室「AirSpace by Airbus」によってより快適な空の旅を提供します。

燃費性能の優れたA330neoは、航続距離が400海里(740.8キロ)延長し、A330-900が6,550海里(12,130キロ)、A330-800が7,500海里(13,890キロ)飛行することができます。これによりA330neoの運航会社は新たな市場を開拓することが可能です。A330neoはこれまでに10社から186機の受注を獲得しています。

A330-800とA330-900は99%の共通性を持ちます。A330ファミリー全体で95%の高い共通性を保持するため、コストを抑え高い柔軟性を提供します。また、A330ファミリーの高い信頼性と低い整備コストの利点も備えています。

A330はこれまでに1,600機以上の受注を獲得している、世界中で高い人気の中型ワイドボディ機です。現在、世界中の120社以上によって1,250機以上が、国内や地域路線、大陸間の長距離国際路線で運航されています。

新世代のA330neoは同クラスの航空機の中で最も低い運航コストを提供します。また、最新技術を取り入れるために継続的に投資を行い、同クラスの中で最も高い収益性と性能を備えます。